Vlogのお供に!自撮り棒にもなるミニ三脚

Vlogのお供に!自撮り棒にもなるミニ三脚 スマホ関連

まほろばガジェットをご覧いただきありがとうございます!

今回ご紹介するのはVlogのお供に最適なミニ三脚です。

ミニ三脚なら100円均一で十分だと思っていませんか?

私自身も今まで100均三脚で撮影をして不便を感じていませんでした。

実際にスマートフォンや小型なミラーレスカメラのような軽いカメラなら問題ありません。

しかし

  • 少し大きいタイプだと安定性が悪く不安
  • 脚の自由がきかなくてなんかイライラする…
  • 自撮り棒のように手持ちするようには作られていないので持ちづらい

Vlogのような毎日撮影するものだと、少しの動作でやる気がなくなりますよね。

そんなちょっとしたイライラを解決してくれる商品を見つけました。

同じ悩みを持つ方は必見です!

ブログと連携してYouTubeに動画を投稿しています。YouTubeでしか投稿しない動画もありますのでぜひチェックしてみてくださいね!チャンネル登録はこちら→まほろばガジェットチャンネル

【Vlogに最適】自撮り棒にもなるミニ三脚

自撮り棒にもなるミニ三脚

今回ご紹介する商品はulanzi MT-08というミニ三脚です。

私が購入した当時はAmazonセールで1,500円くらいで購入できました。

ulanziは中国の会社です。

Amazonで検索してみるとカメラ用品が多いですね。

さすが中国と言ったところでしょうか、手を出しやすい価格が多いです。

以前紹介した三脚やマイクのメーカーNeewerと雰囲気が似ています。

Neewerと比べるとVlog向きの小型商品が多い印象です。

▼Neewerの商品レビューはこちら

良い点

自由雲台付きのミニ三脚です。

ヘッド部分は角度を自由に変えることができます。

別途スマホホルダーをつければスマートフォンにも使えます。

ulanziからもスマホホルダーが販売されています。ミニライトや外部マイクを拡張するためのホルダー?もついているようです。ulanzi製品はVlogに特化していますね。

また、閉じるとグリップになるので自撮り棒のようにも使えます。

さらには伸縮式!少しだけ伸びます。

私の場合は使わないときは縮めて撮影のときは最大まで伸ばして使っています。

理由としては下アングルを防ぐためです。

下アングルはだとどうしても太って見えたり、下に見ているようなイメージがあったりと印象がよくありません。

なるべく目線と並行になるように撮影したいため少しでも下アングルを解消できるように伸縮式を選びました。

気になる点

のばしたり縮めたりするときにときにスイッチや金具などないので、あんまり重いカメラは置けません。

現在私が持っているCanon EOS Kiss X7であれば問題なく設置しました。

スマホやミラーレスカメラなど手軽に撮影したい方向けだと思います。

あとはもう少し伸びると思っていたので、こんなものかと思ってしまいました(笑)

【まとめ】一本あると便利

今回はVlogのお供に最適なミニ三脚を紹介してきました。

移動をともなわない撮影ならば大きい三脚でも良いのですが、ちょっとしたときにはミニ三脚が一本あると便利です。

ulanzi MT-08はちゃんとグリップになるので通常のミニ三脚よりも持ちやすいです。

100均のゴツゴツの三脚を使っていた私としては持ちやすさに感動しました。

また、自撮り棒と比べると置いて使えるので、両手を使いたいときや少し休憩したいときにも役立ちますね!

良い買い物をしました!

実際の動きは動画でチェック!

【Vlogに最適】自撮り棒にもなるミニ三脚
タイトルとURLをコピーしました