5,000円以内で買える撮影用ライト「VIJIM VL-1」開封レビュー

5,000円以内で買える撮影用ライト「VIJIM VL-1」開封レビュー 撮影機材

まほろばガジェットをご覧いただきありがとうございます!

今回は5,000円以内で買える撮影用ライトを開封レビューします。

YouTubeでもアップしましたので、実際の動きを確認したい方はYouTubeからどうぞ♪

5,000円以内で買える撮影用ライト「VIJIM VL-1」開封レビュー

はじめてのライトにオススメ!5,000円以内で買える撮影用ライト

今回ご紹介する商品はVIJIMの「VL-1」という撮影用ライトです。

VIJIMは中国の会社です。読み方は未だにわかりません(笑)

似たようなライトが出ていますが、私はLEDが96個ついたライトを選びました。

スペックは以下の通り。

  • LEDの数:96個
  • 輝度:最大600Lux
  • 色温度:3200K-5700K
  • バッテリー:内蔵充電式
  • その他:Type C対応、三脚取付可能

内蔵バッテリーのコンパクトなライトです。

スマホよりも小さく、持ち運びもしやすいサイズでありながら、明るさはもちろん、色温度の調整もできます。

VIJIM VL-1

VIJIM VL-1

購入のキッカケ

購入のキッカケは主にオンラインミーティングに必要だったからです。

電話ではなく、オンラインミーティングを選んでいる以上、相手に自分の顔がしっかりと見える状態で行いたいという気持ちがありました。

しかし、オンラインミーティングを行う際に、室内のライトの加減でどうしても顔周りが暗くなってしまいます。

そこで顔の暗さを解消するために、以前までは非常用ランタンを使っていました。

段階で明るさ調整もできるライトだったので、使用する分には問題なかったのですが、やはり非常時に使えないと困るので新しく撮影用ライトを購入することにしました。

購入ポイント

実は私も撮影用ライトを購入するのは今回が初めてです。

YouTubeでもいろいろなライトを見てみたのですが、YouTuberさんが紹介しているライトってぶっちゃけ高いですよね(笑)

良いものを購入すれば間違いないのはわかるものの、そこまで振り切れないところがあったので5,000円以下で購入できるライトを探しました。

【購入裏話】尊敬しているYouTuberさんが紹介している撮影用ライトだと思って購入していました。結果オーライだったけどちょっとした博打でした(笑)動画の最後にも話してます。

好きな点

実際に使ってみて良いなと思った点はこちら↓

  1. 内蔵バッテリー
  2. 明るさ

内蔵バッテリー

私が探していたときは5,000円以下のライトの場合、バッテリーが別売りの商品が多かったです。

カメラ用のバッテリーやACアダプターを自分で選ばないといけなかったため付属品選びが大変でした。

VL-1は内蔵バッテリーなので付属品を選ぶ必要はありません。

また、Type Cで給電できるのでスマートフォンの充電器をそのまま使えるのが好きなポイントです。

明るさ

明るさは0~100%まで調整が可能です。

そして100%は予想以上に明るい!

スペックには最大600Lux(ルクス)とあります。

読書するのに300Lux~750Luxあると良いといわれているので、600Luxは明るいといえるでしょう。

ライトのサイズが小さい分、部屋全体を照らすことには向いていませんが、パワーはあります。

VIJIM VL-1は明るさの調整が可能
VIJIM VL-1

気になる点

逆に気になったのはこちら↓

  1. 電源を切ると明るさがリセットされる
  2. 重量がある

電源を切ると明るさがリセットされる

電源を入れると必ず明るさは50%になります。

色温度は記憶しているだけに、明るさの方はなんで覚えていてくれなかったんだろうと気になりました。

撮影用にばっちりな環境をつくっても、電源を入れる度に明るさの調整は必要なので注意が必要です。

明るさ調整できないタイプだったら逆に気にならなかったのかも。

後日テストした結果、明るさも記憶されていました。
動画撮影時は開封した直後だったので、うまく動作しなかったのかもしれません。

さらに追記です。やっぱり記憶されていないときもあります。挙動が安定していないです。条件でもあるのかな?

重量がある

サイズがコンパクトなだけに重いように感じました。

実際に量ってみたところ私の計測器では155.9gでした。(商品ページでは146g)

VIJIM VL-1の重さ

持ち運びとしてはスマートフォンくらいなので問題ないのですが、これをカメラの上につけると考えると少し重いように感じます。

個人的には三脚などにつけての利用をオススメします。

【まとめ】満足!ただし、追加購入は悩ましい

今回はVIJIMの「VL-1」という撮影用ライトを紹介しました。

初めてのライト、そしてオンラインミーティング用としては大変満足しています。

しかし、撮影場所によってはこのVL-1を1台だけで照らすのは難しいです。

では同じものを追加購入すればよいかというと、撮影シーンによって適さないのではとも思います。

撮影・照明の勉強もしつつ、良さそうなライトがあったらいずれ紹介したいです。

YouTubeでも開封レビューしました!実際の動きを確認したい方はぜひこちらをご覧ください。

5,000円以内で買える撮影用ライト「VIJIM VL-1」開封レビュー
タイトルとURLをコピーしました